風俗嬢を出迎えする送迎職事情

メガネをかけた男性

主にキャバレークラブのキャストや風俗嬢を送迎する、風俗業者の送迎担当者の仕事は、基本的にはアルバイトとなります。ここで言うアルバイトとは、「仕事をする人」を意味しています。必ずしも、「労働法等でいうアルバイト」というわけではありません。
男性が風俗業界に従事する際の求人については、基本的には巷で見掛ける風俗業界を対象とした媒体等や個々の業者のサイト等で募集が行われています。職業安定所に掲載される事はなく、私的自治の原則がそのまま適用される事が多いです。
送迎の仕事については、キャストの安全が最優先されます。仕事をする時間帯ですが、代行ドライバーと同様に、夕刻以降~朝方となっています。そのため、夜勤慣れをしている人であれば問題は無さそうです。
風俗店の場合、朝方に終業をする所が在ります。その場合、朝方であれば交通量は多くはないようです。キャストを安全に送迎するためには、マナーが悪い運転者から挑発をされても耐えなければなりません。
また、この仕事に不向きな人について、知っておく必要があります。特徴としては、乱暴運転をしたり、挑発行為に煽られて反撃をしてしまう人、とされています。また、キャストが嫌がる事をする者については、不向きなだけでなく業者から制裁を受ける事があります。

NEW ARTICLE